赤ん坊

赤ちゃんを守る

乳児湿疹は多くの赤ちゃんに起こるものです。その原因は主に皮脂の過剰分泌によるものなので、常に清潔な状態に保ってあげることが何よりの対処法になります。心配にはなると思いますが、慌てずに日々の生活を見直し、原因をきちんと考えましょう。

詳細を確認する...

正しいベビースキンケア

大人に比べてバリア機能が弱く敏感な赤ちゃんの肌は、トラブルを起こしてしまった場合には適切に対処してあげなければなりません。また、お肌トラブルを予防する為には、正しい洗浄方法と乾燥しがちなお肌に対するしっかりとした保湿が必要です。

詳細を確認する...

赤ちゃんの肌トラブル

赤ちゃんの肌はとても繊細

赤ちゃんの肌は、なめらかですべすべというイメージがありますが、実は違います。ほとんどの赤ちゃんは何らかの肌トラブルを経験しています。これは、赤ちゃんの皮膚が大人と比べて半分程度の薄さしかないためです。身体が出来上がるまで、まだ多くの時間がかかります。代表的な肌トラブルには、オムツかぶれ、新生児ニキビ、中毒疹、脂漏性湿疹、あせも、カンジダ性皮膚炎といったものが挙げられます。これらを総称して乳児湿疹と呼びます。ただし一口に乳児湿疹といっても、対処方法が異なったり、似ている違う病気だったりすることがあります。薬によっては余計悪くなる可能性もあります。症状を長引かせる前に、早めに医師に相談するようにしましょう。

なる前となった後に

乳児湿疹を防ぐには、まずは清潔に保つことです。赤ちゃんはまた、汗腺もその皮膚面積の割合からして多く、とても汗っかきです。汗をかいたらそのままにせず、こまめに着替えさせてあげましょう。シャワーで流すのも効果的です。こすると皮膚に負担を掛けます。タオル等で上から軽く押さえて汗を吸い取ってあげてください。もし乳児湿疹になってしまっても、同じように清潔を心がけてあげましょう。薬を処方されたら、医師の指示通りの量と回数を守らなくてはいけません。増やしたり減らしたりすると、思わぬ副反応が出る可能性があります。乳児湿疹の発生した箇所によっては長引くこともありますが、気長に治療してあげましょう。ただし明らかに改善しない場合は、医師に再度相談してみてください。

大人も利用者が多いです

ベビーローションは敏感肌や疾患を持つ大人でも使用することができ、使用時はガーゼやコットンを使うことで患部を清潔に保てます。購入する際には、天然成分配合や昔ながらの商品を選ぶことで、安心して利用することができます。

詳細を確認する...